2018年04月28日

シンプルに

母が認知症になって
それはそれは凹みました

なんで母ちゃんが?



父ちゃんが障害者という括りになったときも
それはそれは凹みました



ただ2人とも
自分のことは自分でできるので
わたしは見守り隊員


でもやっぱり
両親に拘束されてしまう時間は増えるので
今までのようにはいかない
といってもそれなりに自分の活動はできるから超ラッキー



今の生活サイクルに慣れるまでは
世間に取り残された感が半端なかった
友だちに誘ってもらっても
お断りすることも増えたし…
社会からの離脱感に襲われる…みたいな


でも最近気付きました
わたしの生活がすごくシンプルになったなと☆


選択肢が減った分
考え方もすごくシンプル


これ要る?要らない?

それやりたい?やりたくない?



何よりもシンプルになったのは人間関係
ただでさえ友だちは少ないわたしなのに
あれ?
もしかして誰もいなくなった?
…みたいな(^◇^;)


だけど寂しいとかいう気持ちはまったくなく

ときどき
本当にときどき
誘ってもらえたりして


そんなお付き合いの仕方が
まったく気持ちに負担もなく
気負うとかもなくて
とても心地良くて


そんなことを感じていると
自分にとって大切なものや必要なものは
焦らなくてもちゃんと近寄ってくれるし
ちゃんと残っていくものなんだなと思えます


たぶんこれからは
もっともっとシンプルになっていくと思う


なんだかとっても
身軽だの( ´∀`)









同じカテゴリー(ひとりごと)の記事画像
思考はエネルギー
何気に再開しています
幸せだなぁ…
ライオンズゲート
認知症の母と接して思う複雑な娘心
牛乳石鹸
同じカテゴリー(ひとりごと)の記事
 思考はエネルギー (2018-08-18 09:41)
 簡単に言わないでほしい… (2018-08-17 16:15)
 何気に再開しています (2018-08-16 11:11)
 幸せだなぁ… (2018-08-15 11:31)
 『奈々子に』吉野弘さんの詩 (2018-08-14 10:17)
 ライオンズゲート (2018-08-09 11:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。