2018年09月09日

みんな同じ…だけどみんな違う

最近よく話題になることが
今後の家のこと

先祖代々続いてきた我が家も
わたしたち夫婦の代で終わり
この先養子縁組をする予定もないし
もしそれをしたとしても
家を継いでほしいとは思わない


今は元気に動けるけど
この先必ず
自分の思うように動けないときがくる



これから家をどうしていくか
ちゃんと考えないと…

だけどそれ考えると
果てしなく気が遠くなるし
不安になるし
胃袋の奥の方から
重たい塊が出てくる感じになるよ

そもそも
年取ったときにこの家で暮らす自信がない



なんてことを話すと

みんな同じだよ〜
子供がいたって家に残るとは限らないし
みんな同じだよ〜

と言われる


そんなときいつもいつも違和感を覚える
そして言いたくなる


確かに
家を継ぐ人、後継ぎを考えると
今はどこの家庭も同じかもしれない

でも
子供がいるいないで、すでに同じじゃない

わたしには子供がいないから
いざという時に頼る人もいない
だんなさんはいるけど
どちらかひとりになるときも来るわけで…
一緒に逝けたらいいけどの

自分の血をわけた人間が
この世にひとりもいなくなるということが
どんな気持ちなのか
わかってほしいとも思わない

共感してもらえることはあるかもしれないけど
それは100%じゃない




お嫁さんの立場と
婿取りの立場でも
考え方も感じ方も違うと思う

それは男の人も同じ
跡取り息子とお婿さんでも
考え方も感じ方も違うと思う

先祖代々受け継がれてきた家系で育った人と
核家族で育った人とも違う

兄弟姉妹がいるいないでも違う

育った環境や家庭環境はみんな同じじゃない

両親と子供ふたりの4人家族といったって
両親が80代で子供が50代の場合もあれば
両親はまだ20代で子供たちは2、3歳とか
男ふたり兄弟とかふたり姉妹とか
一姫二太郎だったり
みんな違う

家族構成や家庭環境
それに家の土地の広さ
田んぼがあるとかないとか
屋敷内にお稲荷さんがいるとかいないとか
いろいろいろいろ

だからみんな同じなんてことはないのだ


なんてことを考え始めると
モヤモヤしちゃうから
そんなときはいつもこの本を読みます


わたしの気持ちがそのまんま書いてあるのです
だから読書はおもしろいし
ときに心の支えになるからやめられないのです





  


Posted by さとこ at 10:16Comments(0)ひとりごと

2018年09月08日

痛恨のミス!

今日の晩ご飯は肉じゃが


生姜を買い忘れました

オーノー!(T . T)


  


Posted by さとこ at 17:15Comments(0)お家ご飯

2018年09月03日

伝わらない気持ち

もう何年も前のこと


コミュニケーションが苦手というクライアントさん

どんなに言葉を使って気持ちを伝えてもわかってもらえない
わたしのことなんて誰もわかってくれない・・・

そう言いました


気持ちをわかってもらえないってツライよね
悲しいよね

うんうん


最初はそう思っていました



だけどなんだか違和感を感じます
この違和感はどこから来るんだろう

ボトルからは
ただただツラくて寂しい
という感情だけがヒシヒシと伝わってきます

(↑コンサルテーションの内容とは関係ありません)

だけどなんなんだ、この違和感は・・・
なんだかとってもモヤモヤする・・・

わたしの全神経をクライアントさんとの会話に向けてみる・・・



コンサル中は雑談もたくさんします

そこで気付きました


クライアントさんは、
自分の気持ちを言っているつもりのようですが
まったく言っていないのです


あるときの会話


友だちに聞いたんですけど~
〇〇っていうお店の〇〇っていうメニューが
すっごく美味しいんだそうです~
だからずっと気になっているんです~


そうなんだ~
それは気になるよね~

そして他の話題に移り
しばらくするとまた同じことを言う

お友だちに聞いたんですけど~・・・
〇〇っていうお店の~

という会話が何度か繰り返される

何度も同じことを言うので
これはきっとそのお店に行って
そのメニューを食べてみたいんだろうな

とこちらは思うわけですが
当の本人はいつになってもそれを言わない

きっと、今までの人生経験の何かが
彼女の会話術を作り上げてきたのだと思うけど
じれったいよ~

本当は何を伝えたいのか
やっとこさ言葉にできたところ

〇〇というお店の〇〇がすごく美味しいって聞いたから
食べに行きたいのだけど一緒に行きませんか

ということでした

あらありがとう♪
ここに辿りつくまですっごく長かったよね
最初からそう言ってくれたらよかったのに~icon10



コミュニケーションの仕方は人それぞれだけど
自分がこうしたい☆ということを言わずに
ニュアンスで理解してほしいと思っているとしたら
残念ながらそれは通用しないよね

彼女は
「気になっているんです」という言葉で
自分の気持ちのすべてを伝えたつもりになっていたそう

よーーーっぽどの仲良しさんか
すっごーーーーく優しい心の持ち主さんなら
気持ちを察して先回りして
こちらが望む答えを言ってくれるかもしれない

だけど残念ながらそれじゃ多くの人には伝わらないぞ
「すっごく気になっていて食べてみたいから一緒に行こ
まで言うんだよ☆




注:ブログネタにすることはクライアントさんの了承を得ています



自分の気持ちを上手に誰かに伝えるって
ときにすっごく困難だったりするよね






オーラソーマのコンサルテーションのお問い合わせ、ご予約はコチラにお願いいたします→  


Posted by さとこ at 11:27Comments(0)オーラソーマ

2018年09月02日

句読点のないメール

父の従妹(@82歳)からのメールには句読点がない。

今は絵文字満載のメールなので、それが句読点の代わりになり読みやすくなったけど、おばさんがメール初心者だった10年前のメールはとにかく読みにくかった。
どこで区切ればいいの〜?って感じ。

そういえば、お手紙もそう。
句読点なし。

それはジェネレーションギャップというものなのかなと思ってた。

でも、確かにそれもあるけど、句読点がない文章にはちゃんと意味があった!ということを知ったのはいつだったかな。


句読点は文章のなかにある終わりとか切れるというお役目のもの。
あえてそれを使わずに、その人の幸せが続きますようにという願いが込められているのだとか…。
なんだかとっても日本人らしいなと思った。


句読点や改行は、子どもが読みやすいようにつけられたので、年上の人に句読点のついたお手紙を送ることは「読めないだろう」という失礼な文章になるので、相手によっては不快な想いを抱かせることになるかも。。。とのこと。
(諸説あるようです)

そんな考え方は時代錯誤だよと思う人もいると思うけど、わたしはすごくステキな考え方だなと思った。

だから今はわたしもおばさんにメールや手紙を出すときは句読点なしにしていますその代わり絵文字満載だけどねだっておばさんは絵文字大好きだから


これはガーベラの花びらについた水滴

ちなみにおばさんの趣味はカメラ
カメラのおもしろさはおばさんに教えてもらいました。
(上手く撮れるかは別問題)


  


Posted by さとこ at 16:22Comments(0)ひとりごと