2018年09月02日

句読点のないメール

父の従妹(@82歳)からのメールには句読点がない。

今は絵文字満載のメールなので、それが句読点の代わりになり読みやすくなったけど、おばさんがメール初心者だった10年前のメールはとにかく読みにくかった。
どこで区切ればいいの〜?って感じ。

そういえば、お手紙もそう。
句読点なし。

それはジェネレーションギャップというものなのかなと思ってた。

でも、確かにそれもあるけど、句読点がない文章にはちゃんと意味があった!ということを知ったのはいつだったかな。


句読点は文章のなかにある終わりとか切れるというお役目のもの。
あえてそれを使わずに、その人の幸せが続きますようにという願いが込められているのだとか…。
なんだかとっても日本人らしいなと思った。


句読点や改行は、子どもが読みやすいようにつけられたので、年上の人に句読点のついたお手紙を送ることは「読めないだろう」という失礼な文章になるので、相手によっては不快な想いを抱かせることになるかも。。。とのこと。
(諸説あるようです)

そんな考え方は時代錯誤だよと思う人もいると思うけど、わたしはすごくステキな考え方だなと思った。

だから今はわたしもおばさんにメールや手紙を出すときは句読点なしにしていますその代わり絵文字満載だけどねだっておばさんは絵文字大好きだから


これはガーベラの花びらについた水滴

ちなみにおばさんの趣味はカメラ
カメラのおもしろさはおばさんに教えてもらいました。
(上手く撮れるかは別問題)


  


Posted by さとこ at 16:22Comments(0)ひとりごと

2018年08月31日

本当に頭のいい人

昨夜の雷雨は賑やかだったね~

夜中に何度も稲光と雷鳴で目が覚めました。
おかげでちょっと寝不足。

大雨の影響のあれこれが心配です。









絶対とは言えないけれど・・・と前置きして
ある人が言いました。


知識が豊富な人は、多くを語りたがるけど
智慧が豊富な人は語る前に行動で示す。

本当に頭の良い人は
むやみに英単語を使ったり
難しい言葉は使わない。
子供が聞いても、お年寄りが聞いても
誰が聞いてもわかる言葉を使って
わかりやすく話す。


なるほど・・・
そうだね☆と思った。





昨日は鶴岡に行ったので(今はここも鶴岡だけど(^^ゞ)
ひっさしぶりに日本海庄やでランチ。

日替わりランチを食べました。

カレーそば


うどんじゃなくてそば?(・∀・)と思ったけど
写真が美味しそうだったので食べました。

美味しかったデス♪(^^)
また食べたい。







オーラソーマのコンサルテーションのお問い合わせ、ご予約は
こちらにお願いいたします→
  


Posted by さとこ at 10:27Comments(0)ひとりごと外ご飯

2018年08月30日

マスキングテープ

何に使うわけでもないのだけど
マスキングテープが好きで
うっかり衝動買いをしてしまうことがあります。

昨日も、ケンタッキーのお店で出会ってしまいました。


このマスキングテープの売り上げは
発展途上国の子供たち3人分の学校給食費になるのだとか。

ただ単に「募金」にしちゃうとなかなか集まらないから
こんな形になったのかなぁ
だとしたら?
商品化するまでのアレコレで赤字になっちゃうんじゃないか?
大丈夫なのか?ケンタッキーさん。
それともボッタクリ?
なんていう想像が脳内で展開しましたが
そこは深く考えないことにしましょう(^^ゞ
どうやら今のわたしは、そうとう歪んでいるようですicon10icon10icon10



意味もなく貼ってニンマリしてしまう(*´꒳`*)









オーラソーマのコンサルテーションのお問い合わせ、ご予約は
こちらにお願いいたします→  


Posted by さとこ at 09:23Comments(0)ひとりごと

2018年08月29日

気持ちが動かないときは・・・

最近よく話題になることだったり
クライアントさんに聞かれることのひとつに

どう頑張っても気持ちが動かないときはどうしたらいい・・・?
そんなときさとこはどうやって気分アゲアゲにしてるの?

というのがあります。


わたしの場合・・・
そんなときは人にも会いたくなくなるので
そのまま引き籠ります・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:icon12

どう頑張っても気持ちが動かないときは
ムリをして動かしてもすぐに失速することを学びました。

何かで読んだのですが
人の気持ちは3ヶ月もすると変わってくるのだそうです。

今動けなくても時間が経てば
ちょこっと気持ちがウズウズしてくるかもしれない。
そうなったときに、ちょこっと動いてみればいい。

でも何をしたいのかわからなかったら
目の前にある、今することに集中すればいい。

例えば、ご飯を食べるときにちゃんと味わうとか
そういうチッチャイことでいい。
五感をフル活動させてみるのがわたしのポイントですfutaba
視・聴・嗅(きゅう)・味・触
幸い、今のわたしは五感がすべて使えるので
せっかくのものを大切にしたいと思っています。
(言葉に語弊があったらごめんなさい)



今朝は、布巾を煮沸消毒しました。

ぐつぐつぐつ・・・♪
本当は毎日するといいんだろな。


そして
食べきれないきゅうりをどう活用したらいいのかわからないでいたら
佃煮にするといいよ~と教えてもらったので、早速作りました。
レシピは、お酒、お醤油、砂糖、お酢、生姜で適当に煮てみる☆です(* ̄Oノ ̄*)
最後に七味をパッパッパッ♪

自画自賛ですが、美味しくできました。






オーラソーマのコンサルテーションのお問い合わせ、
ご予約はこちらにお願いいたします→
  


2018年08月28日

現実逃避

ムーミン谷へ現実逃避

最近のマイブーム( ´∀`)





オーラソーマのコンサルテーションのお問い合わせ、ご予約はこちらにお願いいたします→
  


Posted by さとこ at 09:27Comments(0)ひとりごと

2018年08月27日

創作料理

今朝の空。
青空のところもあれば曇り空のところもありの空。
不安定だけどお日様がひょっこり顔を出していました。
















ちょっと前までは、母がお料理をするときは
そばにいて監視?していました。

お醤油を入れたのを忘れて2回入れてみたり・・・
ときにそれはお砂糖だったり油だったり・・・
予測不能の行動。

だけど母はスカスカの脳みそで
一生懸命に考えながらお料理をする
だからわたしは見守る。

でも最近は見守りをやめました。
わたしが疲れちゃうんだもん。

母ちゃん、もう自由にやっとくれ☆って感じ。

そしたら今朝のお味噌汁の具材が
ジャガイモとワカメと・・・
きゅうりキュウリ(・_・;)


ごめん
母ちゃん
きゅうりはないわ~icon10











オーラソーマのコンサルテーションのお問い合わせ、ご予約はコチラにお願いいたします→
気持ちの内側に光を当ててみませんか






  


2018年08月26日

好反応♪

昨夜はひっさしぶりのお友だちと、ひっさしぶりに長電話。
ふと時計を見たら、日付が変わるところだったface08

彼女とわたし、立場も環境も違うけど、日々感じていることが同じというところがおもしろいなと思った。


昨夜の長電話のせいか?(楽しかったから問題ないのだけど)、朝から雨のせいか? 
今日はなんだか目眩が止まらない(@_@;)


そして、床もジメジメ・・・家中どこもかしこもジメジメ・・・。

こんな日はオーラソーマプロダクトで雑巾がけだな☆


今日使ったのはクイントエッセンスのサンジェルマン


最近はオーラソーマ製品の何を使っても無反応だったわたしの感覚器官だけど、今日はなぜだかとっても「サンジェルマン」が気になった。
すっごくすっごく!その色合いに惹かれたので、その感覚に素直に従って使ってみたら、すっごく良かった。

うまく言葉で言い表すことができないのだけど、胃袋が軽くなった感じがしてちょっと泣きそうになった。
わたしの中の何かが、バイオレットという色とその香りに反応したみたいicon12
こういう感覚、久しぶりmoon







先日、トマトの天ぷらを食べました。
加熱したトマトは好きだけど、天ぷらはアウトだな・・・と思ったよ(・∀・)





  


Posted by さとこ at 09:48Comments(0)ひとりごとオーラソーマ

2018年08月23日

chakoを探せ

ここしばらく法事や葬儀が続いて気持ちがどよよ〜ん…な日々が続いていました。

朝早く家を出ていたから掃除もちゃんとできなかったことがどよよ〜ん…な気持ちに拍車をかけていたように思います。

今日は久しぶりにな〜んにも予定がない日なので今までできなかった朝の掃除を念入りにできました。

気持ちスッキリだ〜



紅茶花伝のラベルについていたQRコードで遊んでみました。

chakoを探せ☆
手こずるかと思ったけどあっさりクリア。

ふふっ♪
わたしの目ヂカラもまだまだイケるわよ( ̄∀ ̄)
これもお掃除効果でしょか。


  


Posted by さとこ at 10:05Comments(0)ひとりごと

2018年08月18日

思考はエネルギー

仙台のお土産をいただきました。




先日のお客様との会話

自分の悩みは自分で解決する!という気持ちがある人はエネルギーが前向きに動くよね。

逆に、迷い悩んだときはとりあえず占いやスピリチュアルな世界に頼ってみる…という人はその人のエネルギーはうまく回らねっていうか、後ろ向きな感じだよの。

と、ふたりの感じ方が一致♪
思考はエネルギーって、このことだね。


『あのとき◯◯がこう言ったから』とか『占いでこう言われたから』といっても、それは言い訳なのです。
ときどき、こんなふうに言う人に出会ってしまうと『じゃぁあなたは本当はどうしたかったの?』と言ってしまうこともあるわたし。
だから友だち少ないのかもね(爆)

誰かに何を言われたとしても、最終決断はいつもいつも自分でしていることに気づいていない人もたくさんいるよね。
種はいつも自分が蒔いているのです。
これは、わたし自身もうっかりやりがちなので気をつけねどの。




オーラソーマ、タローデパリのコンサルテーションのお問い合わせ、ご予約はブログサイドバー、カレンダーの下に配置している
『オーナーへメッセージ』からお願いいたします。
スマートフォンでご覧になっているかたは
お手数ですが「PC用」に画面を切り替えて見てくださいね。  


2018年08月17日

簡単に言わないでほしい…

今日は愚痴。
最近愚痴が多くてごめんなさいね。
そして今日も長くなります。


母の認知症に伴って、母の症状あれこれと同じくらいわたしのストレスになっていることが、周りの人たちに「介護サービスをうまく利用する工夫をして…」と言われること。


そのサービスとやらを利用できるのなら、もうとっくに申請しているよ。

金銭的な問題もあるけれど、それ以上にわたしの心の中でたんこぶになっていることが『母本人の壮絶な拒否』があります。

一度は介護認定審査を受けて要支援認定になり、年度替りの現況調査で事件?は起きました。


担当の職員なのかな…から電話があり、介護認定の現況調査に伺いたいんですけど…と、こともあろうか母本人に話されてしまったので…このとき、電話をとるのが母が早かったという悪夢が…自分が認知症だという自覚がまーったくない母は怒り心頭!
みるみる表情が強張り、そこには今まで見たことのない母がいました。

電話の向こうにいる人との噛み合わない会話が続き、見かねて受話器を取り上げてしまったのだけど、わたしが話す耳元で半狂乱になって泣きわめく母。

おれなどごもおがしぐねー!
施設さな入らねー!

そう何度も何度も叫びます。

本当は更新だけでもしたかったけど、今まで見たことのない母の状態に心が打ち砕かれてしまいました。

母の中では、介護イコール入所という方程式が完成しているようです。

認知症の自覚がまったくない…そう思っていたけど、このときの母を見たら、もしかしたら母のなかでも、どんどん理解できないことや覚えていられないことが増えていることに対して不安だらけだったのかもしれないと深く反省もしたのでした。

心が打ち砕かれてしまったわたしも、もう更新しようという気持ちはぐちゃぐちゃに折れ曲り、今後の様子をみてまた申請願いを出します…とお話しをしました。

もう…どうしてこういうこと本人にサラッと話しちゃうのかな。
最初のときだって申請までこぎつけるの大変だったなさ…
(;_;)

こういうデリケートな電話は、本人に話すの、ホンットに!やめてくんないかな。その道のプロでねーなんがや
(´・_・`)
と毒がボコボコ出てきます。



脱力でした。
ただただ脱力でした。


そんなことがあったので、今も「今日は包括センターに電話しよう!」と思いながらも、いざ電話をかけようとすると、あのときの母の姿が頭に浮かび、どうしても電話できないわたしがいます。


あんな母をまた見るくらいなら、わたしがずっと母のそばで見守る!
そう思うのです。


上手に介護サービス利用して少しでも家族の負担を減らす工夫していがねどの…

そう言ってくれる人は、親切心以外のなにものでもないというのもじゅうぶんわかっているのです。
心底、さとこを心配して言ってくれているのも、じゅうぶんわかっているのです。

だけど、あのときの半狂乱になった母ちゃんのこと見でねよの。
あのとき、わたしの心がどんだけ打て砕かれて、身体中からチカラが抜けてったかなんて知らねよの。
受話器をどうやって定位置に戻したかも覚えてない。しばらく放心状態だったことだけはなんとなく覚えてるけど。

これからまた介護申請をするということは、またあの修羅場を乗り越えないといけないということだと思うと、考えるだけで身体中からチカラが抜けていく。

上手に嘘をつくことも必要だよ…なんて言われるけど、その嘘を考えるのだって、母の性格を考えていくつもの脳内シュミレーションが必要になる。
その気力は、わたしのどこから引っ張り出せばいい?
そんな気力、今のわたしにはまったくない。
お願いだからほっといて…


介護保険料払ってんだからさ、後期高齢者の括りになったら誰でも認定審査なしに、介護サービスを利用できるようにしてくれたらいいのにと思う。
そうすれば、母のように無駄にプライドが高い人でも「みんな平等」という安堵感でデイサービスに行ってくれるかもしれないのに。

介護サービスはボケてしまった人がうけるものというイメージが思いっきりついてる母にしてみれば、その括りに自分が入るなんてことは何があっても認めたくないことなのだ。


たぶん、『本人の拒否』で心を打ち砕かれているのはわたしだけじゃないと思うのです。


だよね?




そして、今年になって、今の介護保険というのは、転ばぬ先の杖にもならないんだなと知りました。これも相当なダメージだったな。