2018年08月15日

幸せだなぁ…

出先でコーヒーが飲みたくなって
近くにあった自販機でコーヒーを買って
近くにあったベンチに腰掛けて飲んだ。

コーヒーの冷たさが五臓六腑に染み渡り、
なんだかとっても
幸せだなぁ…と思った。

時間の流れがゆっくりゆっくりと感じられて
しみじみしみじみ
幸せだなぁと思った。



パッケージ買いしちゃったよ。



  


Posted by さとこ at 11:31Comments(0)ひとりごと

2018年08月14日

『奈々子に』吉野弘さんの詩

先日の伯母の法事で、和尚さんが配ってくれたプリントに書かれていたのが『奈々子』という吉野弘さんの詩



赤い林檎の頬をして
眠っている 奈々子

お前のお母さんの頬の赤さは
そっくり
奈々子の頬にいってしまって
ひところのお母さんの
つややかな頬は少し青ざめた
お父さんにもちょっと
酸っぱい思いがふえた

唐突だが
奈々子
お父さんは お前に
多くを期待しないだろう
ひとが
ほかからの期待に応えようとして
どんなに
自分を駄目にしてしまうか
お父さんは
はっきり
知ってしまったから

お父さんが
お前にあげたいものは
健康と
自分を愛する心だ

ひとが
ひとでなくなるのは
自分を愛することをやめるときだ

自分を愛することをやめるとき
ひとは
他人を愛することをやめ
世界を見失ってしまう

自分があるとき
他人があり
世界がある

お父さんにも
お母さんにも
酸っぱい苦労が増えた
苦労は
今は
お前にあげられない

お前にあげたいものは
香りのよい健康と
かちとるにむづかしく
はぐくむにむづかしい
自分を愛する心だ




この詩が、必要な人に届きますように。。。




わがままと自由の違いを履き違えないように気をつけながら、わたしも自分を大切にしようと思う。


ちなみにわがままというのは、自分の感情や行動にむりやり人を巻き込むこと。
  


Posted by さとこ at 10:17Comments(0)ひとりごと

2018年08月13日

お盆

ご先祖様たちおかえりなさいませ。


今年はお盆のあれこれをほぼひとりでこなしました。
やりゃぁできるじゃんわたし。

でもなんだか急に悲しくなってしまって朝から涙が止まらなくなってしまった。ご先祖様たちを笑顔でお迎えしたかったけど不機嫌マックスの朝でした。申し訳ない。

お墓詣りも今年はひとり。箒と塵取りと雑巾とゴミ袋持ってひとりもくもくとお墓掃除をしていたら母の同級生と会った。
あんたひとりが大変だねぇ、体壊さないようにね、その言葉が胸に沁みました。ありがとうございます。言葉をたくさん使わなくても現状を理解してもらえるというのはとてもありがたいです。


今日の空

最近何やら舞ってますね〜な感じの空が続いていますね。
見ていて全然飽きない。

ゲートはあそこっぽいな…なんていう根拠のない決めつけで空を眺めては目に見えない世界に思いを馳せています。

ちょっと現実逃避。

  


Posted by さとこ at 11:33Comments(0)日記

2018年08月10日

猫毛フェルト

今年の換毛期はいつまで?

昨夜ももっふりてんこ盛り。



そのまま捨てるのがなんとなくもったいない気がしてしまったので、遊びました。



両手の招き猫にしようと思ったのに、バンザイ猫になっちゃった(^◇^;)



  


Posted by さとこ at 09:42Comments(3)愛猫

2018年08月09日

ライオンズゲート

昨日何気なく空を見ていたら、なんだかとっても不思議な感覚に陥りました。

雲の流れがなんとなくいつもと違う。

東の空から流れてくる大きな雲。
その雲は雲なんだけど雲じゃない?

まるで異空間の大きな存在の人たちが移動しているような…
移動といより、やってきた?
降りてきた?

とてつもなく力強くて大きくて、それでいてとてもとても温かで柔らかい存在を感じながら、ただただ雲の流れに見とれていました。




後になってわかったのだけど、昨日はライオンズゲートが開く日だったのね〜。


ライオンズゲートというのは、地球が銀河の真ん中にきたときに開くこっちの世界とあっちの世界を繋ぐ扉。

その扉が開いている期間はしばらく続くらしいので(しばらくってどんくらいなんだろう…?)宇宙からのエネルギーをたくさんたくさん受け取って過ごすといいかもね☆と言われています。

宇宙からのエネルギーがどんなものなのか具体的にはよくわからないけれど(^◇^;)おおらかな気持ちで過ごしたらなんかいいことあるのかしら?なんて思っているわたしです。

ちっちゃいことは気にしないでいこー( ´∀`)


  


Posted by さとこ at 11:54Comments(0)ひとりごと

2018年08月08日

主食

ツイッターで松ヶ岡にある「ひょうたん」という文字を見たらソワソワが止まらなくなってしまったので欲望に逆らわずに行ってきました。

毎年この時期はひょうたんさんで桃を買います。


これで税込みはっぴゃくえん。
ありがたい


父の畑ではスイカが食べ頃になったので

今朝は桃とスイカがわたしの主食になりました。
水分たっぷりで甘々なこれらで、胃袋もカポカポ。
幸せのカポカポです( ´∀`)




今朝はこれらでオーラをピカピカにしました

ポマンダー…ピンク
クイントエッセンス…エルモリア

オーラソーマ製品を使うと、体がピシッと整うような感じがします。あくまでもわたしの感覚です。



オーラソーマのお客様にポマンダーとクイントエッセンスをお試ししてもらうと、ちょっと訝しげな顔をされてしまうこともあります(^◇^;)

え?
何の宗教?
みたいな…

でもご安心ください。宗教ではありません。
わたしんちはバリバリの?曹洞宗です。
ですが、わたしは家の神仏は大切に思っていますが、かといって曹洞宗をバリバリに信仰しているわけでもなく、どちらかというと御詠歌なんかは美しい歌だなとは思うけど、実際に自分が観音講に入ってからは、メンドクセ…(-_-)と思っているクチなのです。ごめんなさいね。

お話しズレましたが、
これからは、それってスピリチュアル用語?みたいな言葉も遠慮なしに使っていこうと思います。

わたしは目に見えない世界のことも大好きです。
だからオーラソーマにわたしのアンテナが反応したのかもしれません。

でも、わたしが生きている場所は今ここで、あっちの世界ではないので、目に見えない世界のことも大切にしながら、今をちゃんと、地に足をつけて生きたいと思うのです。





  


2018年08月06日

ぼっこん!

昨日からの激しい雨で避難準備とか勧告とか、スマホがやたらと賑やかです。
そしてテレビのテロップも、見ているだけでドキドキします。

どうか何事もなく時が過ぎますようにと思う朝です。




先日、初めてチャネリングというものをしてもらいました。

正直、そういうものにあまり興味はなかったけどなんとなく気持ちが動いたので、信頼している人だしやってみよーと思ったのです。


家族でちゃんと話し合ってさとこは専業主婦を選択したけど、それでもやっぱり、世間から取り残されて行くような焦りと、定収入がないという罪悪感に押し潰されそうになることもしょっちゅう。

わたしはこれでよかったんだろうか?という自問自答の繰り返し。

だからチャネリングというものに心が動いたんだと思う。

結果、なんだかとっても救われた気持ちになれました。

自分が選んだことを全部全部、信じていこー♪

オーラソーマでは、ブループリントを受け取って生きる…なんてことがよく言われますが (正しい言い方とはちょっと違うかもしれないけど、わたしなりの解釈です) 素直に手を伸ばせばすぐそこにあるものが、躊躇したがゆえに取り損ねちゃった(;o;)なんてことにならねようにしねどの。
わたしは遠慮しないで手を伸ばすことにしよう☆
うんうん、そうしよう( ´∀`)
そう素直に思えました。

今まで何度も、同じようなことを言われてきたけど、今ひとつ…
ホントだんがや?
という気持ちの方が大きかったけど、今回もまた同じことだったので、自分自身を許すことをちゃっちゃどやれ〜と言われた気がしました。

世間がみるさとこは、ひとりっこのわがまま娘以外の何者でもないかもしれない。
それなりに苦労はしてきてんだぜ〜ということは誰にも関係ないことだし話す必要もないと思う。
わたしなりに経験した苦労はわたしが一番の理解者なのだから、わたしがちゃんと受け入れていればそれでいい。


そんなことを考えていたら、20番ボトル(チャイルドレスキュー)に変化がありました。

何かが抜け落ちた感じ?

こんなに溜まっていたのか?ドロドロが?
なんて思ってしまいました(^_^;)


そんなことがあったので、今日はエルモリアを雑巾掛けのお伴にしました。

ブループリントを受け取って生きるわよ☆

エルモリアのキーワードのひとつは信頼。

そういえば、オーラソーマを初めて受講したときに先生が「あなたの課題はブルー(信頼する)かもね」と言ってたっけ。
10年以上経ってようやく、あの時言われた本当の意味がわかりかけてきたような気がします。
時間かかり過ぎた感じもするけど、これがわたしのベストタイミングと生きるスピードなんだな、きっと。

今日も長くなっちゃった。





  


Posted by さとこ at 10:45Comments(0)オーラソーマ

2018年08月05日

出会い

雑貨屋さんに行きたくて
オットと一緒にふらふらと入り
なんとなく家具も見たくなり


ここ数年のわたし
年齢のせいか?股関節にときどき不具合が生じる
純日本家屋の我が家だけど
ソファなんかあると楽チンだろうな〜
なんて思った

ってことでソファのコーナーに行ったら

出会っちゃった!(*'▽'*)

これ、可愛い〜

座り心地グッドですね〜(=´∀`)


珍しくオットと意見が一致したので
思い切って購入することにしたよ☆


ジャーン


茶の間には不似合いに思えるけど
夜家族が寝静まってから
このソファに腰掛けて
ひとりで本を読むことが至福の時間になった
( ´∀`)

最高だねこりゃ☆


  
タグ :ソファ


Posted by さとこ at 09:47Comments(0)ハッピー♪ラッキー♪

2018年08月04日

コンビニのお弁当

お医者さんに行った帰りは必ず
お昼ご飯にお弁当を買って帰ると言う母ちゃん

最近はコンビニのお弁当がお気に入りのようです

というか
お弁当を買うというより、買い物をすることが楽しいのかな?
と思うことも多々あります


昨日も皮膚科の帰りにお弁当を買って帰ると言い出したので
どこがいいかと聞くとコンビニがいいと言います
どうやら母ちゃんはセブンイレブンがお気に入りのよう

店内のお弁当コーナーをじーっくり見て
父ちゃんにはコレ、自分はコレ、さとこはコレ、と選びます

さとこ用に母ちゃんが選んだのはコレ↓ 
キーマカレー(食べかけ写真でごめんなさいね)

ピリ辛というより
さとこ的には激辛に感じてしまいましたが(^^ゞ
美味しかったです
もう一回食べたいかも

わたしのオットには
仕事から帰ったらすぐにつまめるようにとパンを買っていました
家族みんなに何かを食べさせてあげたいと思う気持ちは
とてもありがたいなと思いますが、反面、
そんなに食べられないよ母ちゃん(-_-メ)と思うことも多々あります
仏壇の前にはパンがてんこ盛り・・・
賞味期限とか消費期限という言葉は
母の脳内から消え去っているらしい・・・(・∀・)



お弁当ネタの続きで今日のオット弁当

安定の茶色弁当です





昨夜はコオロギの鳴き声を聞きながら眠りにつきました
秋が静かに近づいていますね





  


Posted by さとこ at 10:28Comments(0)お弁当家族

2018年08月03日

認知症の母と接して思う複雑な娘心

今空 午前11時

今日も蝉が賑やかicon01


facebookにも書いたのだけど同じことをここにも・・・


長い投稿になります。

草むしりしたら虫から刺されでかいっちゃかいっちゃ(痒い痒い)と言ってムヒをつける母。
でも母ちゃん、それ冬の間もずっと同じこと言ってんじゃん。
これ!足のこんだどごろも虫から刺さいでかいっちゃ!(痒い)って言うから見てみるとそこは足の指の間。明らかに水虫の症状。

母ちゃん、こんだどご虫から刺さいるわげねーろ。水虫だんねがや?
と言っても、母ちゃんのなかで水虫はとっても恥ずかしいもののようで、おれそんだななるはずねー!とプンスカしながら言う。
そしてムヒを日に何度もつける。

母ちゃんの脳内では痒い→虫刺され→ムヒという方程式が確立されているからこうなると周りが何を言っても聞く耳持たず。
さとこ疲れる〜もういいようにしてくれ!と放置プレイ突入。

母ちゃんが認知症になる前は同じような人を見ると、でって!家の人は何やってんなだや。ちゃんとみでやれよ!と思っていたけど、いざ自分の身近な人がこうなると、あれは仕方なかったんだろうなと思える。

他人の言うことにはとりあえず耳を傾けるけど(聞き分けのない人と思われたくないから)家族の声にはまったく聞き耳持たず。頑固ババァだ。
もうさとこはお手上げだ。母ちゃんのいいようにしてくれ!そう思った。

だけど昨日、痒い痒いという母の耳や足を見たら、完全にカブれてる。これはヤバい!
もう!わたしは何やってたんだ!なんでもっと早くちゃんと見なかったんだよ!という自責の念でいっぱいになってしまった。
だから母をなんとか説得して明日(今日のこと)皮膚科に行くことにした。
説得にかかった時間、約半日。
でもきっと、今日の説得は明日になると振り出しに戻る。皮膚科に行くという約束自体覚えている可能性がどんだけあるのだろうか。ゼロに近いんだろなと思うとなんとも言えない脱力感と胃袋の奥の方が硬くなる感触を覚えてしまう。

母の前では「わたし」という言葉は通用しないことが今年になってわかった。

「さとこはこうしたい!」とか「さとこはこう思う」と娘の名前を耳に入れることで母の理解力に違いがある。

日々忍耐と試行錯誤。
でも今はわたしの頑張りどころだと思う。

がんばるという言葉は、心を壊した経験があるからできれば使いたくない。あの頃の辛い想いが簡単に蘇るからだ。
「がんばる」はまだ許容範囲かもしれない。これが文字で「頑張る」と見てしまうと途端に苦しくなってしまうときがある。
でも今のわたしはたぶん「頑張る」になっていると思う。

こんなこと書いたら、オーラソーマのお客様なんか来なくなる可能性も否めないよなー。
こんなに雁字搦めになってるヤツのコンサルなんて受けたくねーよのー。。。なんてことも思うけど、だけどこれが今のさとこなのだから仕方ない。

本当はこんなこといちいちこんなところで書く必要なんてないとも思う。

だけどもしかしたら、自分の今の気持ちや母の状態がどこかで誰かの何かのヒントになるかもしれないと思った。(おこがましいかもしれないけど…)


認知症になった人に対してのケアの仕方はあちこちで見聞きすることがあります。

否定しちゃいけません
とか
不安になるようなことは言ってはいけません
とか
やりがいを見つけてあげましょう
とか
できることはどんどんさせてあげて自信を失わないようにさせてあげましょう
とか

でも、その陰で踏ん張っている介護家族のケアのことはほとんど見聞きすることはないような気がする。

できることはなるべくしてもらおう
そう思ってはいるけれど、何かをしてもらっても必ずどこかを手直ししないといけないのだ。それをするのは誰?
さとこだよ!

例えば食器を洗ってもらう。
だけど油汚れがあっても洗剤もスポンジも使わない。手でチャチャッと洗ってお終いだ。ちょっと油断するとそれを布巾で拭いてくれるから布巾も油ギッシュだ。

何をどこにしまっておいたかなんて覚えていないこともしょっちゅうだから、次に使うときに探すのが大変。
どごさしまったな?って聞いても、しまってくれた母ちゃんの記憶はすでに忘却の彼方だ。

そういうことも、誰がフォローするんだ?
さとこだよ!

もう何もしないでほしいと思う。
わたしがすべてやったほうがコトは早いし簡単だ。

だけど「やらなくていいから」と言えばショボンとするし、ヤラカシテしまった母ちゃんのこと、怒れない。
怒ってもなんで怒られてるのか理解できないし、「さとこはいっつもおれのごどごしゃぐ」って言われてしまう。
ショボンとする母ちゃんは見たくないし、できるならショボンとさせたくない。

だけどそうしたら?
わたしのこの気持ちはどこへ持っていけばいいんだろう。

なんてことをうっかり誰かに話すと、職種によっては
それはさとこが今大切な学びのときなんだよ。それも親の愛情だよ。ちゃんと受け取らないとね☆
なんて言われたりして。

たしかにその通りだと思う。頭ではちゃんと理解しているつもり。
自分の親が認知症にならなかったらわたしもきっと、同じことを思ったり言ってると思う。
だけど今は、そんな言葉クソ喰らえだと思うさとこがいる。(ごめんなさい)
そんな愛情なんか要らない!
そう思ってしまう。
経験したことがないことを経験している人の前で、知識だけで語ることがどんなに愚かで恥ずかしいことかということを頭ではなく腹で知った。


20歳前に親元を離れて嫁いできて、その嫁ぎ先には小姑が5人もいてそのほかにも年寄りが何人かいる大家族。10年も子宝に恵まれず、ひたすら嫁として頑張ってきた母の今が、みんなに疎まれる認知症になってしまったという現実。
人は生まれてくるときに自分の人生の設計をたててくるというけど、誰が好き好んでこんな最後をプログラミングする?ありえない。そんなスピリチュアルなんてクソ喰らえだと思うさとこがいる。
オーラソーマなんてやってるくせに、クソ喰らえと思うのだ。

今の母の状態は、自分のことは自分でできるから認知の程度でいうと「ごく軽い」という括りになる。
でも家族にしてみれば、認知症に軽いも重いもない。
どんな状態でも、括りは一緒だ。悔しくて悲しくて寂しさ満載の認知症だ。


両親を見送ったらあれしようこれしよう、あそこに行こう…なんて思うわたしがいた。
でもそれは、両親がこの世からいなくなるのを心待ちにしているということではないか、ということに気付いたときに愕然とした。

そんなの悲しすぎる。
だったら介護保険制度をうまく利用していくことも考えないとね☆ということになるのだけど、その話はまたいつか。
これもすったもんだがあったのさ。


結局、今朝の母は「今日は皮膚科に行く」ということを覚えていて、案の定 朝から渋りまくり・・・でもさとこはシカトした。
母の文句はシカトすることにしようmushi
無事に診察してきたよ(^^)

ムヒよりこっちの薬の方が痒み治まるよ~と言ったらご機嫌ちゃんになった。
やっぱり相当痒かったんだね。


それから、「頑張る」という言葉は今はちょっと好きかも・・・と思えることが増えてきた。
あの頃、生きることを頑張ったから今のわたしがいるのだから、この「頑張る」という言葉を大切にしたいと思う。


そしてそして
くら~いことを長々と書いたけど、日々そんなにどろどろした感情を抱えながら生きているわけでもなく、それなりに楽しく過ごしています。
さとこは置かれた場所で咲いてやるのですrose






  


Posted by さとこ at 11:39Comments(4)ひとりごと家族